見出し画像

営業って楽しいの?【社員の考え方】

ネクスウェイのnoteをご覧いただき、ありがとうございます♪

⌚この記事は【4 分】で読み切れます

今回は「営業職って楽しいの?」というテーマで、営業という職種の面白さについてお伺いしました。

❚『社員の考え方』とは?

この連載は、ネクスウェイの社員さんに、就活生がギモンに思うことをお伺いし、就活生の悩みについて回答していただく企画です。

❚ この記事はこんな方にオススメです👤

・営業職に抵抗を感じている方
・ネクスウェイで働く人に興味がある方

それではどうぞ!


〈今回のお相手〉

Tさん
2019年新卒入社
BtoB向けのダイレクトマーケティングを行う部署に所属し、入社から一貫して営業を担当。新規顧客を獲得するための営業活動を行っている。

営業マンとしてのこの1年と最初の1年

――2020年度全社下期VP賞(2番目の賞)を受賞するほど活躍されていますが、ご自身が最近営業マンとして進化したと感じる部分はありますか?

この1年間は、自分の伸びしろをイメージして、できないところをできるようにするために地道に追い続けていました。
その地道な取り組みが結果に繋がったのかなと思います!

――どんなことをしていたのか、詳しくお伺いしても良いでしょうか?

お客様により深く提案できるようにするために、商談で聞く内容を目標立てて、全ての商談内容を先輩と振り返っていました。

そして先輩の思考に感化されたことも大きかったです!

先輩から「最後まで考え抜いて、できることは全てしたのか?」「お客様がやりたいことを理解できているのか?」とたくさん聞かれて、鍛錬されたことが影響したかもしれません笑

かなり力が身に付いたな~と感じています!

――ちなみに、1年目の時はどのように営業活動されていたんですか?

1年目の前半は、電話の対応方法や商談の方法をひたすら覚えて、深く考えずに「受注するの楽しいな~」と思っていました。

でも突然、お客様にお金をもらってサービスを提供していると自覚したときに、自分なりに価値を提供できているのかと考えると、自分のサービスに自信がなくなってしまって……。
そうすると、急に全然受注できなくなってしまったんです……。

自分だからこそ与えられる価値を提供する

――そこをどう脱したんですか?

そう思った時から「自分ならではの価値を提供しなきゃ」と思うようになったんです。

自分だからこそ与えられる+αの何かだったり、相手に喜んでもらえる何かを提供しようと思い、まずは自分の商材をしっかり勉強しました。

――それは「自分の介在価値」みたいなことでしょうか?

そうですね!せっかく私が担当なんだから、私独自の価値を提供しなきゃと思ってます。

この考えに至ったのは、1年目の時に先輩から言われた言葉です。

「営業はお客様を選べるけど、お客様は営業のことを選べない」と言われたことが、私にとって、とても衝撃的でした。

お客様からすると、たまたま私が担当になっただけかもしれないけれど、私がいることで安心感や信頼感を感じていただき、心地好くサービスを使えたり、自分が主に扱う商材以外のサービスも、紹介できたりすることが価値になったらいいなと思って工夫をしています。

その工夫が、自分ならではの価値になるんだと思っています。

ネクスウェイの営業は「お客様の力になれる」営業

――それでは、ネクスウェイの営業をされているからこそ思う、ネクスウェイの営業ってどんなイメージですか?

ひと言で伝えるなら、私が思ってたいい営業って感じでした。笑

と言うのも、ネクスウェイの営業ってただモノを売るだけではなく、お客様探しから始まって、いま抱えている課題に向き合って、提案、アフターフォローまでを一貫して全部自分がやるんですよ!

サービスの機能開発の意見出しも行うため、営業マンとしての裁量が大きくて、面白いなと思っています!

――すごい!では「ただモノを売るだけではない」というお話を、もう少し詳しく聞かせてもらってもいいですか?

ここが営業の面白いところなんですが、サービス以外の価値も提供できると思っていて。

単にサービスを売るのではなく、相手の困っていることをしっかりと聞いて、1社1社に向き合って、お手伝いをするというイメージです。

例えば最近の出来事だと、「DMの良いデザインが思いつかなくて作業が進まなくて困っているんです」というお客様に対して、私が普段デザインの参考にしているサイトを教えたんです。

すると「あの時はありがとうございました!すごく助かりましたし、入稿もできました!」とご丁寧に連絡をくださって。

一見すると、営業活動には全然関係ないことかもしれないけれど、サービス以外の相談もできる関係になれるって、営業担当の大きな魅力だと私は思っています。

――モノを売る域を超えて、お客様の力になれるってすごいですね……!

ただモノを売るだけじゃないって部分が、ネクスウェイでは当たり前になっていると思います。

だから、お客様が今何に困っているのかをしっかり聞いて、その上で自分には何が手伝えるのかという部分を大切にしています。

「お客様起点」を大事にした営業の魅力は?

――ところで、ネクスウェイでは「お客様起点」を大事にしていますが、「お客様起点」って何だと思いますか?

難しい質問ですね~。笑
端的に話すなら、お客様がサービスを使っているイメージを持って、提案することっていうのがお客様起点なのかなと思います。

1社ずつ求めていることや課題、サービスの興味を持つポイントも違うので、メリットを決めつけずに「どんな結果を得たいですか?」「どうしてDMを送りたいんですか?」と聞いてみるんです。

その返答をもとに、お客様それぞれにオーダーメイドみたいに説明や提案をまとめてお話しすると、お客様もきっと嬉しいですよね。

――なるほど!コンサルティングみたいですね!
では、どんな時に営業活動のやりがいを感じますか?

様々な業界の人と話せる時ですね!

今やり取りしているお客様が、製薬メーカー、銀行、人材のメディア、介助補助のロボットの会社、専門学校の先生、メガネ屋さん、整体、と色々な業界の方と関わっていて。

皆さんそれぞれ利益の出し方や、ターゲットにしている業界、ビジネスフェーズなどが様々なのですごく面白いです!笑

――結構バラバラなんですね!楽しそう!

そうなんですよ!お客様がどういうことをしているのかを聞き続けてるので、「あの人たちのおかげで街ができているんだなぁ」と街を歩くときに感じるのがワクワクします!

あとは色々な商流を学べることもやりがいですし魅力ですね!

普通は自分たちで作ったものをそのまま売るだけだと思いますが、ネクスウェイは代理店販売もできるし、システム連携という形で協業もできるので、いろんな価値を営業で生み出せるのは面白いなと……!

できることを増やしていくから面白い!

――普通なら得意なものに偏りがちなのに、ここまで色んな商流や色んなお客様と関わることってチャレンジングですよね!

確かに。笑
私的には、できることだけをやっていても楽しくないと思っています。

だから、日々周囲のすごい営業マンの先輩に学ばせてもらいながら、もっと得意なことを開拓していきたいなと思っています!

――どんどん高みを目指していく感じですね✨

それは多分、私だけじゃなくて周りが常にそういう志向の人が多いので、自然と感化されたのかもしれません。

このままでいいやって思う人より、常に勉強して、新しいことに取り組んでいる人が多いし、このままで生きているだけじゃだめだなっていうと自然と思わされる組織な気もします。

――最後に、これからの目標を教えてください!

これまでは、良い先輩に囲まれていたこともあって、常に人に恵まれていたと思うんです。

今、3年目になり、後輩から先輩の立場になったので、先輩がいなくてもパフォーマンスを落とさずに営業できるようになりたいですし、もっと色々なことを託していただけるようになることが目標です!

――ありがとうございました!

まとめ

営業職を極めるTさんのお話はいかがでしたか?

個人的には、お客様の「困っている」から始まって、自分たちが持っているサービスを使ってどのような手助けができるのかを一緒に考える仕事が営業なんだと感じられました。

この記事を通して、営業職の魅力が少しでも伝わりましたら幸いです。


【ご案内】

ネクスウェイでは一緒に働く仲間を募集しています。
詳しくはぜひネクスウェイの採用サイトをご覧ください。


最後までご覧いただき、ありがとうございました😊
それでは、また次回のnoteでお会いしましょう!

この記事は2021年7月14日時点の情報です


他のカテゴリはこちらからご覧ください↓

🔗カテゴリを探す🔗

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までご覧いただきありがとうございます! また次回の記事でもお会いしましょう(^^)♪