【ゼロワンvol.1】新規事業コンテストだけじゃない!?事業開発について学べるプログラムとは?
見出し画像

【ゼロワンvol.1】新規事業コンテストだけじゃない!?事業開発について学べるプログラムとは?

皆さんこんにちは!広報お手伝いの福井ちゃんです◎

ネクスウェイでは、2020年11月から2021年1月にかけて『ゼロワンチャレンジ』という新規事業プログラムが開催されていました!

今回は私、福井ちゃんがゼロワン事務局の方にお話を聞いてきたので、どんなことが行われていたのか、経緯も含めてご紹介していきます◎

『ゼロワンチャレンジ』とは?

『ゼロワンチャレンジ』とは、ネクスウェイで開催された新規事業プログラムのことで、0→1を意味する通称「ゼロワン」です!

「ゼロワン」は新規事業コンテストだけでなく、事業開発に必要なスキルを磨く研修やサポートを含んでおり、新規事業や事業開発について学べるプログラムとなっています!

新規事業コンテストに参加する起案者たちは、プログラムを通して学んだ内容をもとに審査に備えたのだとか。

またネクスウェイでは初めての取り組みだったため、事業開発に関しての経験や心得を持っているbridge社さんにもご協力いただき、全体のプログラムを設計されたのだそうです◎(後にbridge社さんの記事も更新します✨)

「ゼロワン」が誕生したワケ

ここからは、どうして「ゼロワン」が生まれたのか、事務局の方に聞いてみました……♪

――どうしてゼロワンを企画したんですか?

元々社長の松森さんが「新規事業を立ち上げる力が必要」と宣言していて、その課題を解決することが1番の目的でした。
実際、過去にも社内で新規事業コンテストを行っていたけど、サポート体制が整わないなどの理由で中々実を結ばなくて。個々人というよりも、会社として新規事業のスキルやノウハウが足りていなかったんですよね…。

――その過去から、ゼロワンに活かしたこと等ありますか?

課題として、会社が事業開発に必要なスキルを持っていないところ、新規事業に対してサポートが足りていないところが浮かんだため、スキルを学ぶ機会と起案者をサポートする体制をプログラムとして構築して、新規事業コンテストに組み込みました!

また、会社全体で新規事業を盛り上げてサポートする風土を作るため、プログラム内のスキル研修やイベントは全社員が参加できるようにしました◎

「ゼロワン」のこれまでの歩み

ここからは、「ゼロワン」で行ってきたことを振り返っていきます!

大まかなプログラムの構造は画像の通りになっています。
(ゼロワン事務局が社内へ展開された資料をお借りしてます!)

画像を見てみると、メンタリングやスキル研修の機会が審査の前にあることで、「チャレンジしてみたい!」という気持ちと大まかなアイデアがあれば、コンテストにチャレンジできそうですね✨

画像1

では、それぞれの研修内容を細かく見ていきましょう◎

①新規事業を生み出すための知識を身に着ける!「オンラインスキル研修」

「オンラインスキル研修」では、リーンキャンバスを使ってのビジネス仮説の構築のやり方、インタビューやリサーチの方法など、事業開発で必要なスキルを学んだのだとか。

※リーンキャンバス:9つの要素から事業プランを整理するフレームワーク

この研修の大きな魅力は、新規事業の起案者のみならず、全社員が参加できること!ゼロワンにアイディアを応募しなくても、どのように事業開発していくのかを知ることができ、新規事業について関われる機会が生まれることがすごいと思いました。

②外部との「ミートアップ」で知識・人・ネットワークと繋がる♪

また、外部の起業家や、他社の新規事業立ち上げをされている方をお呼びして、全4回のミートアップやプレピッチも行ったのだとか。
(なんだかすごく豪華……!)

【ミートアップのゲストをご紹介】
・B2BのSaaSスタートアップで起業されたサービス開発者さん
・原体験からサービス開発に取り組んだ企業内起業家さん
・社内起業、フリーランスを経てAI×健康に関する起業をされた方
・社内のみならず社外の新規事業コンテストでプレゼンを評価された方

新規事業の起案者のみならず、社内の参加者からも熱の入ったコメントが届いたらしく、学びの深いイベントになったそうです◎

③みんなでアイデアを磨いていくオールネクスウェイの「サポート体制」

画像2

お話を聞いて、私がびっくりしたのが、審査に向けて準備をしてきた起案者に対してのサポートの手厚さ!

ゼロワン事務局や経営陣、協力してくださっているbridge社さんからのメンタリングはもちろん、社内の「一緒にアイデア考えたい!」「教えられることあるかも!」という方をサポーターとして募集する制度も構築したそう。

新規事業起案者だけが頑張る「ゼロワン」ではなく、会社全体でアイデアを磨いて、誰もが新規事業に関われる機会になったみたいです!

《まとめ&感想》みんなで盛り上げ育てる新規事業へ

今回は、ゼロワン事務局の方にお話を聞いてレポートしてみました!

印象に残ったのは、『ゼロワンチャレンジ』が生まれた時のお話。
私自身、新規事業を作ることって、常に自分自身の中で思考を続けて行動するってイメージが強いから孤独なのかなって思っていたけれど、色んな方面からサポートしてくれる存在がいることに驚きました😲

新規事業に会社全体で関わることができる仕組みや、サポート体制の手厚さに対して驚いたと共に「会社全体で新規事業を盛り上げて、育てていきたい」という想いが感じられました。

たくさんの想いが詰まった『ゼロワンチャレンジ』から生まれた新規事業のこれからが、もっと楽しみになりますよね!

そして実は、来年度の『ゼロワンチャレンジ』も絶賛計画中なんだとか……!前回サポーターやスキル研修の参加者だった人が起案者になったり、新規事業に触れる人がもっと増えたり、どんどん「ゼロワン」がワクワクで大きくなっていくといいなぁと思いました◎

次回はゼロワンを支えた、専務取締役・荒野さんのお話をお届けします✨

(文:福井ちゃん、TOP画像:あるがゆう)


「FOR MOVIN' 想いを情報でつなぎ、躍動する社会をつくる。」ネクスウェイのnoteへようこそ。