見出し画像

【インターン振り返り日記】ネクスウェイにジョインして2ヶ月経ちました!

皆さんこんにちは!広報室お手伝いの福井ちゃんです。

7月13日にネクスウェイにインターン生としてジョインして、もう早2ヶ月が経ちました……!
ネクスウェイにジョインする前も、ジョインした後も、色んな出来事があって、ネクスウェイにお世話になってから2ヶ月以上過ごしているような気分です。笑

今回は、ネクスウェイでのインターンを振り返ってみたいなと思います。
実は広報室でお世話になる前、新規事業でお世話になっていたので、そこでのお話も書いていきますね!

入社~新規事業配属期

画像1

(↑入社日にももちさんにもらいました♡)

2度の会社訪問と4月のインターン面接を経て、コロナの様子を伺いつつ7月にようやく入社しました。

最初にお世話になったのは、新規事業。
正直、どんなことを任されるのか、どんなことをやっていくのか想像がつかず、ワクワクと不安が入り混じって、入社日前日の夜は全然眠れませんでした笑

新規事業でお世話になった社員さんは、「自分自身の行動が、誰かの1歩に繋がり、生活や行動が変化する」というネクスウェイでいう「MOVIN'(動く)」に対する意識が強い人。

そんな意識の強いところが昔から憧れていたお姉さんに似ていたこともあり、かっこいい大人と働くことにワクワクしていました。

実際に入社してからも、何度も「未来に目を向ける」「どうしたら良いかを自分の頭で考える」という出来事が多くて、ワクワクが止まりませんでした。

以前お世話になっていたインターン先では、ライターとしてずっと記事に向き合っていたので、
「未来に目を向ける」よりは「目の前の記事に一生懸命になる」、ライターの先輩がたくさんいて、たくさん教えてもらう機会も多かったので「どうしたら良いかを先輩に聞いてから考える」ということがほとんどでした。

新規事業の部署にはインターン生はいなかったし、社員さんと2人きりだったので、「事業の力になりたい」といった気持ちと、自分自身で考えるプレイヤー意識が強くなった気がします。

また、配属先のサービスはワーママさんに向けたものだったし、社員さん自体もワーママだったこともあり、自分自身のワーママ概念や女性にとってのライフイベントについての偏見がどんどん壊れていく感覚がありました。

これまでワーママと言えば「仕事と家庭の両立ってしんどそう……」「そもそも結婚とか子どもとかいらないかもな……」ということを思っていたことがあったのですが、
サービスを社員さんと一緒に考えていったり、リサーチしたりしていくうちに「ワーママって大変だけど、かっこいいかも!」「ちゃんと周りの人と話し合ったり、サービスを活用すれば両立できそうかも!」と思えるようになりました。

こうして、実際にサービスのコンテンツを作ってみたり、競合やワーママさんのニーズを分析してみたりと、「事業の力になるぞ!」というメラメラした想いを持ちながら働かせてもらっていたのですが、事業がクローズに……涙

クローズを聞かされたタイミングで「広報室に行きませんか?」と打診され、「まだネクスウェイで何もできていない」という気持ちが強かったこともあり、9月からナカガワさんのもとで広報室のインターン生として働いています。


ライター再開!noteの更新担当期

画像2

元々文章を書くのが好きで、高校生の頃からライターのバイトをしたり、ブログを書いたりしていたので、noteの更新担当を任せてもらえた時は「好きなこと得意なことで貢献していこう!」と意気込んでました。

しかし、これまでライターとして書いてきた記事と、ネクスウェイの広報室としてnoteに書く記事とでは、系統も内容も全然違うので、今でもnoteの雰囲気を掴むことに必死です。笑

これまで書いていた記事は、「渋谷でチーズフォンデュを食べたい人」向けに書くといった感じでターゲットを絞り込んだ記事が多かったのですが、
noteの記事は、そのままネクスウェイの顔や印象に繋がるので、より多くの人に読んでもらいやすい記事やネクスウェイの良さが伝わるネタ選びを意識しています。

また広報室でお世話になってから、プレイヤー意識に加えて「今持っているスキルをめいっぱい活かしたい」という意識が生まれました。

例えば、新規事業にいた時に意識していた「ユーザーやターゲット層の気持ちや想いを汲み取って、それをもとに考えること」
以前のインターン先でライターの先輩に教えてもらった「相手のニーズを考えて、伝える情報を取捨選択すること」「SEOをもとにした読みやすい記事の書き方」などなど。

他にも、私だから書けるネタや私だから見える視野からのネタなど、「私だからできること」を考えて挑戦してみようという意識も強くなりました。

嬉しいことに「こういう記事ってどうですか?」と聞くと「書いてみよう!」と言ってくれる、挑戦できるように色んな方法を模索してくださる空気感があるので、もっと期待に応えられるように頑張ろうってメラメラしています!


これからどんなインターン生活にする?


私にとって、全く新しい世界であるネクスウェイにジョインしてからの2ヶ月は、あっという間でバタバタの毎日でした💦

体験したことのない、0から1を作り上げていく新規事業の部署でのコンテンツ作りや、当事者ではないワーママさんのニーズを知って、ワーママさんの世界観を掴むこと。

そしてnoteの更新担当になってからは、ネクスウェイの素敵なところを伝えられる文章を組み立てること。私自身が置かれている状況を上手に活用することや、これまで色んな場所で身に着けたことを活かしきること。

ひたすら社員さんのもとで学ぶのではなく、「どうしたらいい?」「じゃあこうしよう!」という試行錯誤を繰り返して、仕事ってこういう感じ!を肌で感じながら、社員さんと二人三脚で経験を積み重ねてきたなぁという印象です。

正直、大学生という肩書きを持ちながら、新規事業でお世話になることも、広報室で会社の印象を左右するコンテンツを作ることも、中々体験できることではありません。

しかも、自分自身がやりたいと思ったことを話して、すぐに実行できることも、インターン生にとっては珍しくて、有難すぎることだと思っています。

これからは、学生のうちから有難い状況に置かせてもらっていることに満足せず、「じゃあどうしていきたい?」「どうしたらよくなりそう?」の思考サイクルをぐるぐるさせていきながら、ネクスウェイの力になっていきたいです◎

またネクスウェイの力になっていくだけではなくて、私がネクスウェイにジョインする時に決めた目標「将来への解像度を高めること」も意識していきたいです!(この2ヶ月は、ネクスウェイに慣れるのに必死だったので何も考えてなかった笑)

これからnoteを更新するというお仕事を通して、ネクスウェイにいる素敵な社員さんやインターン業務で関わることになる素敵な社会人の方と関わり、共にお仕事をさせていただくことで、

「こういう大人になりたい!」
「こういう未来を作っていきたい!」
「素敵な人生、幸せな生き方を考えていきたい!」

などなど、未来に対するヒカリを集めていけたらいいなと思います◎


……ツラツラとネクスウェイに来てからの振り返りを書いてみました。

実は、このネクスウェイnote、社員さんも読んでくださっているらしいので、
是非noteの更新や実際の私の様子から、成長過程を温かい心と目で見守ってくださいね!
なんて、一言書いておこうと思います。笑

また、次回のnoteでお会いしましょう♪




9
「FOR MOVIN' 想いを情報でつなぎ、躍動する社会をつくる。」ネクスウェイのnoteへようこそ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。