見出し画像

【社内イベントレポート】20新人上半期成果共有会を覗いてきました!

皆さんこんにちは!福井ちゃんです。

10月1日に行われた、20新人上半期成果共有会にお邪魔してきました!
午前中は内定式も行われていたようで、内定者のお兄さんお姉さんも参加していて、なんか新鮮でした!笑

また、今回成果共有会で発表する新人の社員さんや応援に来ていた先輩社員さんから「note見てるよ!」と言われて、とても嬉し恥ずかしかったです……!


さてさて、ネクスウェイの恒例行事でもある成果共有会。そもそもどういうことをしているの?という方も多いと思うので、簡単に説明させていただきます。

成果共有会とは、入社1年目の新人社員が、入社して半年と1年の計2回、全社員に自分の成果や成長度合いを発表する会。ネクスウェイ初代新卒入社の方からずっと行われている伝統行事です!

発表した内容に対して、聞いてくださった社員さんから、労いの言葉や、先輩ならではのアドバイスなど、たくさんのコメントが送られてきます。


例年は、大きな会議室でたくさんの社員さんに見守られながらの発表ですが、今年はコロナの影響でzoomのウェビナーを使っての開催に。😢

今回は、20新人上半期成果共有会をレポートしていきます◎


緊張が止まらない……!成果共有会が始まる前の様子

成果共有会が始まる1時間前、ナカガワさんと社長の松森さんがこんなことを話しているのを小耳に挟みました。

「桜テラス(オフィス内の休憩室)にお菓子買いに行ったら、新人の子たちが集まって練習しあってるんだけど。」

私も桜テラスに用事があるついでに一瞬覗きに行ったのですが、新人さんが全員集まって最終確認していて、何だか緊張した空気が広がっていました。笑

成果共有会の30分前、実際に今の心境を伺ってみましたが、
「そわそわしてる」
「緊張する」
「結構朝からやばい」
「胃が痛い」

などのコメントが目立っていました。

そんな緊張の中でも、容赦なくコメントで圧をかけていく先輩社員さん……笑

ドキドキが止まらない中、成果共有会スタートです!

どんな発表が行われていたの?

ここからは、1人ずつどんな発表が行われていたのか、発表を聞いてどう思ったのか、セキララに書いていこうと思います。

スライド4

トップバッターの後藤さん。成果共有会直前に話を聞いた時にとっても緊張されていて、私も思わずドキドキしてしまいました笑

当初自分が担当しているサービスに自信が持てない時期もあったのだとか。でもサービスについて自信を持つまでのフローがあるからこそ、「ネクスウェイのサービスを使って、お客様の伝えたいことが伝わった」という成功体験に繋がってるのかなと思いました。着実に努力を積み重ねている姿が素敵に見えました◎

また、成果の捉え方を「足跡のようなもの」として、「足跡の軌跡が未来につながる」という心構えがかっこよかったです。

社員さんからはこのようなコメントが集まっていました!

今あるサービスに対して愛や自信を持つこと大事だね。これから成長した先には、自分自身ががよりサービスや会社をよりよくすることで、もっと自信が持てるようになる、そういう姿を描けるといいな、と思いました。


スライド23

続いては、私と同じようにネクスウェイでインターンをされていた大山さん。

入社してからの自身の葛藤や挫折体験を真っ直ぐに語っている姿が印象的でした。個人的に人間って見栄を張りたがる動物だと思っているので、自分の葛藤や悔しさを振り返れる、それをバネに努力できるのはかっこいいなと感じました。

そして、先輩社員さんから率直な指摘やアドバイスをもらえる環境や、悔しいと思うだけじゃなく、行動に移す姿勢も含めて、素敵な環境だなと思いました!

先輩社員さんからこのようなコメントが届いてました!

全体を通して「悔しい」という感情が、大山の行動に火をつけている印象です。
今後、成長してある程度できるようになってくると、「悔しい」と思える機会が減ってくると思いますが、常に挑戦して失敗し続ける事で「悔しい」と思える機会を増やし、成長し続けてください。
とても期待しています!引き続き頑張っていきましょう!


スライド44

3人目は、声からも緊張の様子が伺えてドキドキが止まらなかった小瀬古さん。小瀬古さんの発表では、何やら先輩社員さんのコメント欄が盛り上がってた様子……!

「仕事を楽しむ!」という大切にしていた価値観を前面に出していた発表で、元々、私の心にあった「仕事を楽しむって何なんだろう?」という疑問に対しての答えが見えてきたような気がしました。

「主体的に行動すると楽しい。目標達成のために工夫することが大切。」
とても心に刺さりました◎

アポの後、公園で3時間電話するという熱烈体験を話していた時、先輩社員さんの間でチャット欄が沸き上がってました。

「蚊に刺されながらやってたね・・」
「蚊!w」
「自発的に公園でかけてます!笑」
「稼働は1件◎でも3箇所は刺されていたと思います」
「しかもスーツの上から、、、」
「30箇所を刺されれば、10件稼動かぁ。。。。」
「蚊が強靭すぎて笑ってしまいました」
「冬に稼働できない・・・」


スライド66

4人目の藤田さんの発表が、個人的に1番共感できたような気がします。

自身の仮説をもとに動いてきたものの上手くいかなかったという挫折体験から「自分から色んな人に助けを求めること」や「周りの人と協力することで打ち手を考えられること」という気付きは、私もハッとさせられました。

きっと、周りの人と協力して良い活路を見出せることを経験すると、今度は困っている人に力を渡せるようになるのだと思います。協力し合う、協力を惜しまない営業マンになるという目標が、勇ましく感じました◎

先輩社員さんからこのようなコメントをいただきました!

助けを求めるって、いっぱいいっぱいになってるとその選択肢も忘れてしまうよね。自分だけ頑張るんじゃなくて、チームみんなで頑張って成果をあげていけるような仕事の捉え方がよりできるようになると良いなと思いました!下期も頑張れ~!


スライド122

折り返し5人目の発表は菊田さん。「ネクスウェイいちの整頓上手」を目指すと言っていただけあり、プレゼン資料も教科書のように美しかった……!

自分の強みをどのように仕事や社内で生かすことができるのか試行錯誤している姿や、成功体験、失敗体験問わず、自分の強みを活かす経験を積もうとするチャレンジ精神がかっこよく見えました。

「自分の強みは手段で、その先のチームのため、お客様のために」という意識も、社会人として素敵な意識だと思いました♪

先輩社員さんからも「整頓上手!」というコメントが沢山届いていました◎

アウトプットは手段。目的のほうが大事で、そこがポイントになるんだろうなと思いました。整理上手羨ましい、たくさん助けてほしいですw


スライド149

休憩を挟んでの後半戦。6人目の発表は櫻井さん。発表前には同じ部署の先輩社員さんが激励に来ていました◎

櫻井さんの発表を聞いて1番に思ったのは「良い環境、良い経験を重ねると素敵な社会人に成長するんだなぁ」ということ。目をキラキラさせて発表している姿が印象的でした。

これまでの人生は「辛いことも乗り越えた楽しいこと」で成長してきたという再発見から、チャレンジを重ねていく部分は、大学生である私でも挑戦できることだなと思いました。(あと学生時代の辛いことで、「相撲の稽古の一環として吐くまで食う」がクセ強くて笑いました)

櫻井さんの発表でもチャット欄が沸き上がってたので、ご紹介します!笑

「7月と比べるとホント成長したすごい」
「企画から発表まで!お疲れ様!」
「いやめっちゃ良い成果だよほんと有難うね」
「話してる表情がすごい嬉しそう!!
「嬉しそうでいい!」
「登壇したのかーいいねー」


スライド167

7人目の豊嶋さんの発表では、とにかく「行動力すごい人」と「PDCAゴリゴリ回してるなぁ」という印象が強かったです。

成果発表会直後、ナカガワさんと感想を話していたのですが、「てっしーは、5ways研修の時から『PDCAサイクル』について熱かった」と聞いて、元からの強みを活かせていてかっこいいと思ってます!

知らない業界を知るために、お客様のお客様になってみたり、ヒアリングをしたりと、自信をつけるための努力を惜しまないことは、社会人だけでなく、生きていく上で必要なことだなぁと心に刺さりました。

先輩社員さんからも色んなコメントが届いていました!

豊嶋くんの「お客さま起点」はお客さまを起点としたその先のお客さまの視点でとても良いと思いましたし、それが信頼につながると思いました。
ちょっと間違うと「お客さま起点」で自分や自社のサービスを見てしまいます。そうなるとお客さまの信頼は得られません。
今の豊嶋くんのスタンスを大切にしてさらなる成長を期待しています。

スライド200

8人目の発表は田口さん。営業ではなくサービスの裏側に配属された方で、戸惑いや入社前の「絶対、営業配属だと思っていた」というギャップがありながらも、
営業側もサポート側も「お客様のために」という同じ姿勢であることを学び、実直に取り組んでいる姿がかっこよく映りました!

人生において、全てが思った通りになることって多くないと思います。想定外の環境の中で「どう今の状況を楽しむか」「置かれた環境でどう咲くか」という姿勢が大切なんだと考えさせられました。

先輩社員さんからも多くの応援コメントが届いています◎

この発表で、営業に配属されると思っていたという呪縛から解放されるといいなと思いました。人生すべて思い通りではなく、予期せぬことからどう向き合うのかが腕の見せ所だと思います。
いろんな人の仕事への向き合い方、取り組み方、を学んでいってくれたらと期待していますよ!!


スライド216

最後、9人目の発表は長澤さん。飾らず真っ直ぐな発表内容で、どのような心境の変化があって、1人前を目指す過程がわかりやすくて、発表時間があっという間でした!

営業側ではなくカスタマーサポートという、予想外の配属に戸惑いも隠せなかったでしょうが、その中で「まだそこで悩むところじゃない。まず1人前になろう」という意識転換は、中々できることではないと思います。

そして、目の前のことに闇雲になって突き進むのではなく、目標を分解、指標を立てて、目指すべき部分に突き進むことって大切だと学びました。胸に刻みます◎

先輩社員さんからは、発表のクオリティの高さに対するコメントが目立ちました!

内容が具体的で、とても聞きやすかったです。
自分がどんな役割になればいいのか、悩むことはあると思うけど、そこからの切り替え力はすごいね。
圧倒的だと思います。
とにかく、今は目の前のことがむしゃらにやればいいし、
一年目はとにかく、100回失敗するくらいの感覚で、
突き進んでいって下さい!


《私の感想》かっこいい大人ってどういうことなんだろう?


今回の新人成果共有会で、「挫折」や「失敗」、「戸惑い」と言った表現やエピソードが印象的でした。

一見「成果共有会」というワードだけを見たら、どのような成果を出せたか、如何に自分が頑張ったのか、を見てもらう機会だと思ってしまいます。

しかし実際は、思っている以上に心境の変化や過程をエピソードに話していたので、「このように素敵な社会人としてレベルアップしていくんだな」と感じられる素敵な発表だったなと思います。

弱い部分やかっこ悪い部分、いわゆる影の部分を曝け出すことは中々できないことです。また誰しも、弱い部分やかっこ悪い部分は目を背けたくなるものです。

それでも向き合って、弱みを強みに変えて、レベルアップすることで、影の部分が深みとなり、人間としてのかっこよさに磨きがかかっていくのだと感じました。

かっこいい大人って、こういう感じでなっていくんだ!と考えさせられる機会でした!そして、20新人の皆さん、とってもかっこよかったです!

また半年後に行われる、下半期成果共有会も楽しみです◎

それでは、また次回のnoteでお会いしましょう!福井ちゃんでした!




14
「FOR MOVIN' 想いを情報でつなぎ、躍動する社会をつくる。」ネクスウェイのnoteへようこそ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。