【福井ちゃんの未来観測 Vol.9】「会社とは働くうえでどんな環境ですか?」様々な職種を渡り歩いた社員さんにインタビュー✨
見出し画像

【福井ちゃんの未来観測 Vol.9】「会社とは働くうえでどんな環境ですか?」様々な職種を渡り歩いた社員さんにインタビュー✨

ネクスウェイ

皆さんこんにちは!広報お手伝いの福井ちゃんです🎵

福井ちゃんの未来観測シリーズも9回目。
今回はのテーマは、前回の「会社に所属するメリットはなんですか?」に触発されて抱いた疑問、「会社ってどんな環境だと感じて働いているんだろう?」です!

私自身、就活という文化に触れて、おおよそ1年になりました。
会社説明会に行ったり、座談会に参加したりすると、「自己成長、自己達成をしたい」というワードをよく聞きます。

会社という組織は自己成長のための組織なのか?と考えるとそうでもない気がしますし、会社という組織にいる理由や会社という組織がある意味は、所属する意味は人によって様々あると思っています。

今回は、会社とはどんな環境なのかを伺いつつ、私自身の働くことへの疑問や相談にも乗っていただきました♪

<今回のお相手>

安田 美弥子さん
様々な仕事を経験されたのち、2018年にネクスウェイに入社し、販売支援事業部とデジタルマーケティング推進部で活躍されている。現在はSELECT PLACEを利用し、北海道と東京で勤務中。

色々な場所、色々な職業を選んだ理由は……?

――まず、安田さんのこれまでの経歴を教えてください!

新卒で入社したアウトドアメーカーで店舗と本部で10年くらい働いて、結婚する時に夫が長野に住んでいたから、良い機会だし!と思って、仕事を辞めて、長野で2年間ウェディングプランナーをしていたよ。

そのあとウェディングプランナーの事業所が撤退してしまって、夫も北海道に移住したから、一緒に行こうと思って、北海道で不動産広告の会社に転職したの。

独自に雑誌を作っていたので、その編集のお仕事をしていたんだけど、夫の仕事も忙しくなったので、編集のお仕事を引き上げて司法書士のお手伝いをやってたな。それもだんだん飽きてきて、夫に「東京に行ってきます」と言って、今はネクスウェイで4年ほど働いてます。笑

――おお……!笑 なかなかあちこちで様々な経験されてるんですね笑
どういうキャリアや会社の選び方をしていたんですか?

やっぱり年齢によって変わってくるかな!

幼い頃から音大に行きたくて、ピアノのコンクールにたくさん出てきたけど、大学進学を考えた時に、ふと音大行ってどうするんだろう…それよりも環境問題を解決したい!って思考に切り替わって、理学部に行ったの。笑

その流れで、環境の大切さを啓蒙できることを仕事にしたいなと思って、環境の大切さや自然の楽しさを伝える事業をしているアウトドアメーカーに入ったんだ。

辞める時に、これまでの店舗や本社での仕事を思い返してみると、その人の人生を楽しくできるようなサポートをするのが好きだなぁ、お客さんの楽しそうな姿や、幸せそうな姿を見れる、貢献できる仕事がしたいなぁと思ったんだよね。

その時にたまたまウェディングプランナーがあったから、なってみた!笑

不動産広告会社の雑誌編集は単純に趣味を仕事にしてみたかったからだけど……。笑

ネクスウェイに入ったのは、小売業をやってきたり、ウェディングプランナーという仕事をしてきたりという経験の中で、

こんなにみんなの幸せを願って素敵な仕事をしているのにどうしてお給料低いんだろう……、それって労働生産性が低いからなのかなと思って、

ITの力で、そういう効率の低い現場で働いている人たちがお給料高く誇り持って働ける世界にしたいと思ったから!

――日常を生きることでもいっぱいいっぱいになる中で、やりたいことや達成したいことがたくさん出てくるって素敵なことですね!

私は知らない世界が好きだから、色々なことを知りたいって思っているのかも。せっかくだし、色々なことに手を出してみようって感じ!笑

裁量=責任であり、働くうえで選択できる自由

――安田さんの仕事選びは自分のやりたい気持ちからですが、働く環境面ではどんなことを求めていますか?

やっぱり、それも年齢によって変わってくるね。笑

若いと、がむしゃらに取り組んでも先が長いから楽観的になれる。それに楽しくやっていけるならどんな環境でもいいかなぁってそんなに求めてなかったかなぁ……。

でも今になると、残業しない方が偉いって価値観で働けたり、効率良く働けたりする場所という所で働けるといいなって思ってるかな!

あとは私にとって、裁量権を持って働けることが大事!自分で責任をもって、良くも悪くも自分次第という環境が良いと思ってる。

――すごく根本的な話なんですけど、裁量権をどうして持ちたいと考えるのでしょうか?

そうだね、自由がないと嫌だからじゃないかな。私は選択の自由を持てることが一番大事だなと思っていて、自由を大事と思っている以上は、裁量権を持つことが大事だし、それに伴う責任も負うよってスタンス!

福井ちゃんは責任を負うことに自信がないのかな?

――そうかもしれませんね💦裁量を持たせてもらえる理由がわからないまま、責任を負うことは少し怖いなと思ってしまいます……。

そうかぁ、裁量を与えてその人に責任があるよっていうのは当たり前だけど、個人に押し付ける企業は組織としてダメだと思うし、それを若い子に押し付けるような組織は組織である意味がないよね。

組織である以上は、若い子の裁量や責任は会社や上司が負うし、安心して仕事してほしいかな!

会社とは、同じ志を持った仲間たちと「叶えたい」を達成する環境

――少しお話は変わりますが、安田さんが会社の中の人として働いている理由はなんですか?

何かしらの団体の代表とか、ビルゲイツくらいのお金持ちなら個人にも世の中に与える影響力って大きいと思うけど、一般人が世の中に与える影響力って小さいなって思うんだよね。

でも団体であれば、例えばネクスウェイであったら、ネクスウェイですと言って物事に取り組むことによって信用もあるし、新しいことに挑戦しやすかったり、それなりの発言力や影響力が世の中に与えられる。

そうすると私が世の中を大きく変えたいと思った時に、1人では何ともならなくても、同じ志を持った人たちがいる会社に属して、その会社としての意見として動けたら、世の中を変えられるかもしれないと信じているからかな!

――なるほど!ネクスウェイ入った時に感じた想いとネクスウェイの想いが感じたから今ネクスウェイで働いているんですね!

そうだね!

ITの力で労働生産性を上げてお給料高く誇り持って働ける世界にしたいと思っているし、ネクスウェイとして社会をより良くする方向に影響を与えていきたいね。

あとは私が働いている組織が、少しでも働いている人に対して良い環境にしていける、良い組織というのを他の企業や組織にも広げられる、そういう仕事をしていきたいな!

――素敵です!今回はありがとうございました!

福井ちゃんまとめ

今回、安田さんにお話を聞いて、様々なお仕事を経験されているだけではなく、色んな想いや価値観を人生の色々なタイミングで沸き立たせることができる方なんだなぁと感じました。

目の前のことに一生懸命に取り組んでいると、日常の小さな気付きやそこから感じた想いを取りこぼしてしまいがちです。

しかし、色んな想いからやりたいことや達成したいこと、社会に対する意識を見つけて、要所要所でキャリアとして持っていける方なんだと尊敬してしまいました!

インタビューを通して、人生の先輩に出逢い、想いや価値観に触れるたびに私の「こうなりたい大人」図鑑のページが増えていくような気がして、嬉しいです。

さて、今回のお話で印象深かったのは「世の中を大きく変えたいと思った時に、同じ志を持った人たちがいる会社に属して、その会社としての意見として動けたら、世の中を変えられるかもしれない」という言葉。

安田さんのこのお話は、組織の中に属して行動することの本質に近い意味だと感じられました。

1人でも行動したり、世の中へアプローチすることはできますが、1人の人間で動くよりも、同じ志を持った仲間と共に動くことで、仲間がいるだけの力を持つことができます。

就活をしていると、色んなことを会社に求めてしまうような気がしていますが、組織やコミュニティに所属すると考えると「どこの仲間になりたいか」が大切なんだなと思うことができました。

その他にも、会社説明会に行ったり、同じように就活をしている学生の話を聞くと出てくる
「自己成長」「裁量権」という言葉に対する違和感や不安感に対しても、アドバイスいただけて嬉しかったです。

安田さんのお話を基に考えると、裁量権を持って働ける環境とは、自分で仕事について考えて、色んな方法や目標を選択して行動する自由を持つことなのではと思いました。

それに対して失敗したとしても、その責任は選択した自分が負うことは当たり前のことで、裁量権を持って働くことへの不安感は薄れた気がしました。

また私自身、団体の代表をしたり、ネクスウェイでもこのように独自企画を持ったりと自由に動けることが当たり前であると慢心していますが、
選択できる自由があることが幸せで、そこに責任を持つことも含めて自由なんだと思いました。

この自由を享受できている今に感謝したいですね……!

次回は、福井ちゃんの未来観測シリーズも10回目!10回目は社長の松森さんにお話を伺います♪
次回もお楽しみに!

それでは、広報お手伝いの福井ちゃんでした🐣

(文・福井ちゃん)

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ネクスウェイ
「FOR MOVIN' 想いを情報でつなぎ、躍動する社会をつくる。」ネクスウェイのnoteへようこそ。