【内定者連載vol5.】挑戦したからこそ気付けた「自分がやりたいこと」~フクイくんの場合~
見出し画像

【内定者連載vol5.】挑戦したからこそ気付けた「自分がやりたいこと」~フクイくんの場合~

ネクスウェイ

皆さんこんにちは!ネクスウェイ広報ナカガワです。

今回は、5人目となる2022年4月入社の内定者インタビューをお届けします😊ちなみにお伝えしそびれていましたが、この内定者記事シリーズ、内定者同士でインタビューし合って、内定者が記事にしてくれています😳

vol.4・オオニシくんの記事はコチラ🎤

それでは、5人目となる内定者をご紹介しましょう✨

自己紹介

岡山県出身。大阪大学情報科学科卒業後、大阪大学大学院情報科学研究科中退。大学院では画像解析系の研究を行っていました、フクイコウスケです!

大学では情報系の学科を選択!

💭大学ではどんなことをしていたの?

自分のアイデアを実現することに興味があったので、入学当時から流行していたITを学ぼうと思い、情報系の学科に進学しました。
実際に手を動かしてプログラミングすることもありましたが、どちらかというと、情報技術を使いこなすためのITリテラシーについて積極的に学びました。

新しい技術を生み出すよりは、技術をどのように生かすかを考えることに興味がありました!

💭大学で印象に残っている出来事はある?

大学でも学べることは多かったですが、友達と一緒にゲームを作ったり、Web開発系のベンチャー企業でアルバイトさせてもらった経験がとても面白かったです。

実際に作ったゲーム画面

💭友達とゲームを作っていたんだね!すごい...!
ちなみに、Web開発系の企業ではどんなことをしていたの?👀

主にwebページやアプリの開発のお手伝いをしていました。
特に僕が入ったタイミングが、ちょうど自社プロダクトを新規で作り出すタイミングだったので、その過程に関わらせていただいたことはいい経験でした。

その職場はとてもフランクな雰囲気だったので、学生でも社長や熟練者の人たちと対等に議論しあえることができたのがとても得した経験だなと思っています。ビジネス的な話から日常的な価値観の話まで、色々と面白い話をしました。

特に、今後の人生設計について会社のお偉いおじちゃんが親身に話してくださって、その後の就活やキャリアプランの設計にも影響されました。

自分の責任、行動の結果で未来の自分を作り出していく

💭就活ではどんな軸で企業をみていたの?

僕は、①IT ②新規サービス ③自由度の3つを軸にして就活をしていました。

1つ目のITは今まで学んできたこともあり軸として決めていたのですが、自分のアイデアを形にしたいという思いがあったので、それを実現しやすい環境として2つ目の軸である新規サービスを積極的に生み出していることを条件にしていました。

3つ目の自由度は、今後の選択肢の多さ、自分で努力がどれだけできるか、自分がした選択がどれだけ今後のキャリアに影響するか、という3つの視点で定義をしています。

自分の責任、行動の結果で今後の自分を作り出していきたいなと…!

ネクスウェイに就職を決めたワケ

💭最終的にネクスウェイを選んだ決め手は...?

僕は、自分の行動がその後の自分の現状に一番直結してくると感じています。

働きだして、上手くいくことやいかないこと、たくさんあると思うのですが、それを自分の行動の結果として受け止め精進していく、そんなキャリアを歩めそうだと思いネクスウェイに決めました。

💭フクイくんのこれからの抱負をおしえてください✨

何にでも臆せず、挑戦していくことです。

自分の未熟さや、肩身の狭さを感じることもあるとは思うのですが、そういった感情に押しつぶされず、果敢に挑戦していけるような精神を持ちたいと考えています。そうすることで、より有意義な経験を積んでいきたいと思います。

最近はプチ挑戦として、前からやりたかった海釣りとピアノに取り組んでいます(笑)

最後に

💭最後に、就活生にむけたメッセージを一言お願いします!

就活している時は、色々悩んで考えて、自分の今後について決断する機会が多いと思います。もちろんどんな決断をするかはとても大切で、たくさん考える必要があるのですが、結局はその先で自分がどんなことをするか次第で結果はいくらでも変わるものだと思います。

なので自分に正直に、その決断に後悔なく、自信をもって結果に対して向き合えるような選択をすることが1番大切だと思います。

僕自身も就活でネクスウェイという会社を選んで決めた道なので、誠心誠意この会社と向き合っていくつもりです!

内定者連載は次回に続きます!

これまでの内定者連載はコチラからご確認いただけます🎵

この記事が参加している募集

就活体験記

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ネクスウェイ
「FOR MOVIN' 想いを情報でつなぎ、躍動する社会をつくる。」ネクスウェイのnoteへようこそ。