【社内イベントレポート】下期の成果共有会を覗いてきました!【新人ラスト】
見出し画像

【社内イベントレポート】下期の成果共有会を覗いてきました!【新人ラスト】

皆さんこんにちは!広報お手伝いの福井ちゃんです!

上半期もレポートした、20新人成果共有会にまたもやお邪魔させていただきました♪
ネクスウェイの伝統行事である成果共有会は、入社1年目の新人社員が、入社した年の上期と下期の計2回、全社員に自分の成果や成長度合いを発表する会です

今回は新人社員さんの成長を近くで見守ってきた先輩社員さんたちが、立ち代わりで応援しに来ている姿や、上半期の時と比べてガチガチに緊張している姿はなく、発表に向けて準備を頑張っている様子が印象的でした!

今回は、1人ひとりどのような発表だったのかを振り返りつつ、大学生である私が成果共有会を覗いてみて、学んだことや考えたことを綴ります🐥

20新人さんが振り返る1年の成果発表!

投影用.pptx (9)

前回同様トップバッターだった後藤さん。「緊張してないかな~?」と先輩社員さんも応援に来ていました!

上半期を振り返った時、下半期の目標を「目の前のことに全力で取り組む」と宣言していました。しかし実際は手段が目的になってしまっていた反省点が……。
その一方で、大きな変化は「意見を発せるようになったこと」なんだそう。

失敗から学び、新しい成長を強みとして、一歩ずつ目標に向かっていく姿がかっこいいなと感じました♪

投影用.pptx (10)

下半期はとにかく経験数が増えたと語った大山さんの発表は、失敗から得た学びがぎっしり詰まっていました。

業務内の様々な失敗や反省から、お客様の「当たり前」や環境を考えて行動すること。つまりお客様起点の本質を体感することができたのだとか!

また、先輩社員さんの「チーム目線になっている」というコメント、最後の「後輩と一緒に成長していきたい」という一言から、チームの役に立とうとする考えの変化も感じられました♪

投影用.pptx (11)

小瀬古さんの発表は、エヴァネタが織り込まれたプレゼンにビックリしました笑
また上半期同様、先輩社員さんの声援があたたかくて、思わずほっこり……😊

印象的だったのが、入社当初からの目標であった「仕事を楽しむこと」が上期と比べて奥深くなっていたことです。

目標に向けて着実に努力をしている様子や、行き詰まった時は素直に先輩社員さんのアドバイスを聞く姿勢、真っ直ぐに取り組むことって当たり前のように感じられるけど、重要な事なんだと再認識しました!

次回予告の通り、新人賞とれるといいですね✨

投影用.pptx (12)

下半期に入り、新規チームからカスタマーサクセスチームへ異動した藤田さん。カスタマーサクセス担当になったことでアイデンティティを見つけられたと語ります。

カスタマーサクセスの仕事をしていくことで、お客様の生の声を聞きサービスに対しての深い誇りが生まれたり、お客様の成功に向けて伴走する必要性を知ったり、成果の1つひとつをイキイキと語る姿が印象的でした!

このような姿を見て、私も仕事に対してイキイキと取り組める大人になりたいなと感じました……♪

投影用.pptx (13)

個人的に1番共感した発表だったのが、菊田さんでした。

下半期から、医薬のメディアづくりを始めた菊田さん。でも、役に立ててるかわからなかったり、インタビューが上手くできなかったりと、中々自信が持てない時期が続いたのだとか……。

そんな時に、先輩から今と理想の自分のギャップを言語化するようアドバイスをもらって、自分事に落とし込めるように!

今と理想の自分とのギャップと、薬剤師さんの「変わらなきゃならない」現状が重なり、より当事者意識と共感を持って取り組んでいる姿がかっこいいなと思いました◎

投影用.pptx (14)

「失敗したくない、早く一人前になりたい」という心の葛藤から生まれたプロダクトアウトな考え方を、どのようにお客様起点に変化していったのか発表してくださいました!

お客様と話す時とプライベートで話す時を比較して考えるという発想から、お客様の環境を知ろうとする姿勢に変化していったのだとか……✨

仕事とプライベートで分けて考えがちですが、意外と近い場所に大きなヒントがあることから、当たり前のところから考えてみることって大切だと再認識しました♪

投影用.pptx (15)

下期の後半から一気に受注が伸びたと語る豊嶋さん。

下期前半と下期後半で、意識したポイントは「お客様に寄り添う営業」なんだとか。そこから信頼関係を構築することの重要性を私自身も感じることができました!

そして先輩社員さんとの知識の差を減らすために、自分の課題も巻き込んだブレインストーミングも行ったそう。上期の発表と比べて、行動力が自分だけでなくチームの力になるように意識しているんだろうなと感じ、かっこいいと思いました◎

投影用.pptx (16)

下半期の田口さんは、e-帳票の新しい機能の担当になり、見えないお客様の環境を想像しながらの業務に苦労したのだとか……💦

見えないお客様のことを考えるたびにわからなくなる葛藤や、お客さまに合わせて伝える内容を変える努力や対応など、半年間かけて新しい機能をお客様に提供するための準備で学んだことを発表していただきました。

またお客様と実際に関わり、リアルなお客様の気持ちを汲み取ることの大切さに気付いた田口さんは、春から営業に!新しい場所でも頑張ってもらいたいですね✨                                                           

投影用.pptx (17)

下半期は、ITSという仕事を理解して能動的に提案や交渉することができたと発表していた長澤さん。

これまでは一人前になるため、目の前のことを全力に取り組んでいたけれど、業務をどうやって改善できるのか、効率化できるのかを考えることが仕事だとわかってからは、能動的に行動できるようになり、やりがいを感じるように……!

目の前の仕事に精いっぱい向き合い、ぶつかることも多かったと思いますが、その中でやりがいを見つけられることって素晴らしいことだと思いました☻

《私の感想》何のためにサービスが生まれるのか。どんな想いで仕事をするのか。

今回の成果共有会にお邪魔させていただいて、感じた変化は上半期よりも業務や成果に対する発言が多かったこと。また、自分の成長よりもお客様に対しての想いが詰まっていたこと。

特に、どの発表を聞いていても「お客様起点」というワードが耳に入ってきました。とても印象深かったので、私は帰りの電車内で、なぜお客様起点が大事なのかを考えることにしました。

世の中には様々なサービスが存在します。そのサービスが生まれる時には、必ず「こんなことがしたい」「こんなことを叶えたい」という誰かの想いが存在します。

だから、いくらサービスの素晴らしさやどんなことができるのかを知っていても、サービスを使いたいと思ってくれる人の「何のために」「どんなことを叶えたい」を理解して、

その部分に当てはまるサービスの情報を届けないと、サービスが存在する意味や価値が発揮されないのではないかと考えました。

だから、サービスを届ける向こう側にいるお客様を知ることが大事なんですね。

櫻井さんも「お客様の実現したい未来を一緒に…」とプレゼンしていましたが、ネクスウェイで働く人は、サービスを使っていただいてるお客様の「こうなりたい」というゴールに向けて、一緒に走り抜けるようにお仕事している印象があります。

そんな姿がかっこいいなと思うと同時に、ネクスウェイの社員さんたちは、サービスに対してどんな想いをもって仕事しているのかを聞きたくなりました。

最後に今回の成果共有会は、私にとって「サービスを届ける仕事ってなんだろう」という新しい視点からの気付きや、仕事をするって楽しそうだなってウキウキを与えてくれる素敵な機会になりました!

20新人の皆さん、素敵な発表お疲れ様でした✨
ぜひ上期の成果共有会レポートと比較してみてください😊

※なお、TOPの写真は換気を行いながら、写真撮影時のみマスクを外して行いました。

「FOR MOVIN' 想いを情報でつなぎ、躍動する社会をつくる。」ネクスウェイのnoteへようこそ。