【内定者連載Vol.2】更なる成長を求め単身アメリカへ!?~ハマノちゃんの場合~
見出し画像

【内定者連載Vol.2】更なる成長を求め単身アメリカへ!?~ハマノちゃんの場合~

ネクスウェイ

皆さんこんにちは!ネクスウェイ広報ナカガワです。

前回の記事に引き続き、今回も2022年4月入社の内定者へのインタビューを、連載形式でお送りします🎵

vol.1、トクマルちゃんの記事はコチラ✨

それでは、2人目となる内定者をご紹介しましょう😊

自己紹介

高校まで日本でしか育っていないけどアメリカの大学に行っちゃいました。英語は少し話せます、カリフォルニア州立大学フラントン校のハマノカナコです!

アメリカの大学への進学を決心

💭日本ではなく、アメリカの大学に進んだハマノちゃん。なぜアメリカの大学に進学しようと決心したの?

アメリカの大学に進学しようと思った理由は2つあります。
1つ目は、家庭がグローバル志向であったこと。2つ目は、高校で自分の成長にストップを感じたことです。

私の家庭は母が帰国子女で、合計5年程アメリカに住んでいました。その際に感じたアメリカの教育に感銘を受け、自分の子供達にもアメリカで勉強させたいと思っていたそうです。
また、私の姉もアメリカで大学生活を過ごし、何度か姉を訪ねに高校時代はアメリカへ行ったりと、周りの人よりアメリカという国が身近でした。

大学進学を決めたタイミングも、国外に行くという大きな決断をするにはかなり遅い状況から動き出しましたが、親や姉の助けもあり無事に進学を決定することができました。

また、感覚的になってしまいますが、高校が大学附属だったためのびのびと過ごしていました。そのため、いつしか「ここにいてもこのまま遊んでしまうな」と感じるようになっていたのです。

恥ずかしながら私自身、中学、高校共に勉強を真面目に頑張ったと言えるのは赤点を逃れた時だけでした。
そんな中、言語を知らない状態で日本よりも課題の量が多いと言われているアメリカで、勉強という学生の本分を頑張ってみたいと思い、アメリカの大学に進学することを選びました。

充実したアメリカ生活

💭アメリカの大学に進学してみてどうだった?

しんどい時期が半分、楽しい時期が半分でしたが、とても充実した時間を送ることができました。

大学1・2年生の時は毎日課題に追われて、他のことをしていてもどこかで常に課題のことを考えていました。その時はこなすのに必死でしたが、今考えるとかなりしんどかったです。

後半の3・4年生の時は、コロナの影響もあり半分以上日本で過ごしました
アメリカに戻ってからは、アメリカらしい実際に現場に入って行くような授業を受けることができました。例えば、国際映画祭のイベントプランニングをできる授業があり、一から十までイベントに携わることができました。

苦しかった海外での就活

💭アメリカからネクスウェイの選考に参加してくれていたけれど、海外で行う就活はぶっちゃけどうだった?

私の就活はボロボロでした。
海外大生が日本の学生と同じ時期で就活をするのはかなり難しいので、海外大生用に行われるキャリアフォーラムがあります。大学の先輩方はそこで大企業に決まったりとかなりいい成績を残されていたので、私もきっとどうにかなるんじゃないかと思っていました。

しかし現実はそんなに甘くなく、準備をきちんとしてない人が簡単に残れるような場所ではなかったです。キャリアフォーラムでは全滅し、そこからいろんな業界を見るようになりました。

今考えれば、自分がたくさんの企業に落ちたため卑屈になっていたと思いますが、履歴書やESに書く「学生時代1番頑張ったことはなんですか」「自己PRをお願いします」と言う形にはまった質問に飽き飽きしていました。

また、就活を進めると自分のいいところが客観視できなくなりますし、人にあって自分に無い物ばかりを気にしてしまうようになると思います。
まさに、私自身がそのようになっていて、普段は自己肯定感が高い方なのですが、たくさんの企業に落ちていく中でかなりメンタルがきていました

自分の良さに気付けたネクスウェイの就活

💭すごく大変だったんだね...。ネクスウェイの選考を受けてみて感じたこととかはある?

そんなタイミングでネクスウェイさんに出会い、1ミリたりともその質問をされないことに本当に驚きました。自分のことに対して理解を深めることに重きを置かれているなと思い、どの選考に参加しても自分と向き合うことが必要とされました。

ネクスウェイの選考は、選考を通して自分と向き合ってく中でもう1度自分のいいところに気付く自分の良さにまた巡り会えるチャンスを貰えたような気がしました。

印象的だったのは、選考の後に人事の鈴木さんからお電話をいただいて、「今ネクスウェイからハマノさんはこのように映っています。」とお話をしていただいて、初めて企業側に映る自分がどのような人か分かりました

💭ネクスウェイの選考を通して、自分の良さに気付ける機会になったのはとても嬉しいです!ネクスウェイを選んだ決め手について教えてください!

私にとってネクスウェイさんは、就活中にボロボロになっていた自分を取り戻してくれた会社です。ここに恩返しをしたいと思って入社を決めました。

また、自分と向き合うことを要求される環境で、就活時にははっきりと分からなかった「本当に自分が生涯をかけてやりたいこと」に出会えたらと思っています。

💭最後に、就活生へのみなさんへ応援メッセージをお願いします!

脅かすつもりはありませんが、就活は本当に怖いし、誰かにとっては自らの価値すら分からなくさせてしまうかもしれません。

もし自分のことが分からなくなった人や、就活で煮詰まってる人がいれば、是非ネクスウェイの選考に参加してもらいたいです。ネクスウェイに就職しなかったとしても、必ず就活におけるヒントが見つかると思います。

Always Love Yourself!応援してます!

内定者連載は次回に続きます!

これまでの内定者連載はコチラからご確認いただけます🎵

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ネクスウェイ
「FOR MOVIN' 想いを情報でつなぎ、躍動する社会をつくる。」ネクスウェイのnoteへようこそ。